弁理士試験 弁理士試験を受験する人は2005年をピークにして減りつつあるものですが、それでも年間600人前後の人が受験しています。弁理士試験は難関試験のひとつとして知られているので、敷居が高いと思っている人も多いかもしれませんが、合格者が少ないという事はその分ニーズが高く持っていれば有利な資格という事になりますから、試験を受けるのはねらい目の資格になりますよ。気になる弁理士試験の合格率はぢあたい6パーセントから7パーセントとなるのです。弁理士試験を受験される方の多くが社会人へと繋がります。社会人が仕事をしながら勉強をして受ける事ができる試験の一つでしょう。一発で合格をしてしまっているという人は弁理士試験では比較的少なくて、8割以上の方が3-4回は受験をしているという点もになっているのです。一発で弁理士試験に合格行っている方というのは、全体の8パーセントといいますので難易度の高さが分かるのではないでしょうか。 弁理士試験を受験行っている人の多くが男性が多く、年齢的に見ると35歳前後の人が一番多いかもしれません。社会人になって落ち着いた頃に弁理士試験の勉強を開始しる人が多いと言うのもこの試験の傾向です。 これからもまだまだ弁理士の資格のニーズは、高まるでしょうねから弁理士試験を受験する場合は自分にとってメリットが大きいではないかと思いますー